2007年08月22日

21歳のダルビッシュ「自分自身でハッピーバースデーです」サエコからのプレゼントの中身は内緒

思わず両手を大きく広げた。「おいっ!」無情なジャッジに、ダルビッシュは叫び声を上げた。
「ファーストの近くで見てて、アウトだと思いましたよ」
6回無死。1人の走者も許さずに迎えた打者16人目だった。松田の遊ゴロを大事に
処理し過ぎた陽の送球が遅れ、判定は「セーフ」。大記録はこうして幻に終わった。
それでも、エースは笑っていた。落ち込む陽に「これで早く降板できる口実ができたよ」
と声をかけた。この日は、自身21歳の誕生日。年輪を1つ重ねた分だけ、気持ちにも
ゆとりがあった。右腕は、その後も気を緩めることなく、ソフトバンク打線をシャットアウト。
大量援護のため、8回でマウンドを降りたが、許した走者はあの内野安打の1人だけだった。
続きを読む
posted by ココナツ at 15:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝青龍問題「モンゴル人気質」って何だ? (ゲンダイネット)

「かつて全世界の半分を支配していたチンギスハンの子孫は、そんなにヤワじゃありません」

 だだっこ横綱の引きこもり問題は、朝青龍が「日本の母」と慕うウルジニャム・ウランバヤル氏
(モンゴル国商工会議所日本地区会頭)の発言で、モンゴル人のDNA論争にまで発展している。

 ウランバヤル氏は「モンゴルにはうつ病が存在しない」「モンゴル人は本気で失敗したと感じたら、
ひとりで猛省する気質」というが、そもそもモンゴル人の気質ってどうなのか?

 モンゴル事情を知るジャーナリストはこう言う。
続きを読む
posted by ココナツ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「さくらパパ」横峯良郎参院議員に愛人発覚…本人は「ケリはついている話」と困惑

・民主党は…さくらパパに愛人発覚、事実関係認める (ZAKZAK)

 「さくらパパ」こと参院議員の横峯良郎氏(47)の“愛人問題”が
22日発売の週刊誌で報じられることが分かった。
良郎氏は21日朝、夕刊フジの取材に応じ、「ケリはついている話」と困惑しながらも、
「公人として自覚ある行動をとるように努めます」と反省しきりだった。
続きを読む
posted by ココナツ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デビ夫人が朝青龍バッサリ「病気じゃない」「やめてしまえ」

第53代横綱・琴桜で先代佐渡ケ嶽親方の鎌谷紀雄さん(享年66歳)の葬儀に出席した
デビ夫人が横綱・朝青龍を痛烈批判した。精神的に落ち込んでいるといわれる横綱に対し
「あんなの病気じゃないと思います。やめてしまえばいいのに」と厳しかった。第64代横綱で
現在プロレスラーの曙も参列した。朝青龍のことについては「横綱というのは精神力の
強い人がなるもの。そんなに弱いはずはない。とにかく乗り越えてほしい」と話していた。
続きを読む
posted by ココナツ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。