2008年06月19日

マリナーズ、不振の大砲セクソンを近日中にも解雇の可能性 シアトル地元紙が報じる

マリナーズ、不振の大砲セクソンを解雇か
2008年6月19日 (木) 5:26 MAJOR.JP
http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=13992

 先日にビル・バベシGMを解任してチーム再建に取り掛かったシアトル・マリナーズが、
調子の上がらない大砲リッチー・セクソン一塁手を近日中にも解雇する可能性が出てきた。
チームの地元紙エベレット・ヘラルド(電子版)が報じている。
同紙が関係者の話として伝えたところによると、17日にリー・ペレコウダス暫定GMら
球団首脳が集まった会談で、セクソンの去就について話し合われたもよう。
今季が4年5000万ドル(約54億円)の契約の最終年にあたるセクソンは、
ここまで打率2割1分8厘、9本塁打、23打点という成績にとどまっている。

 また、同紙は若手ジェフ・クレメント捕手のメジャーら再昇格にともない、
打撃不振の城島健司捕手の出場機会が減少する可能性を指摘。
城島は今季、打率2割2分7厘、2本塁打、17打点と苦しんでいる。

by MAJOR.JP編集部




posted by ココナツ at 14:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝見させていただきました。
またお邪魔します。
Posted by 人事の裏側 at 2008年06月20日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。