2008年06月19日

タイガー・ウッズが左膝再手術で今季残り試合を全休 全米オープン優勝も5日間計91ホールの死闘の代償

男子ゴルフのタイガー・ウッズ(32=米国)が7月の全英オープンや
8月の全米プロを含む今季残り試合をすべて欠場することが18日、明らかになった。AP通信が伝えた。
この決断を知る関係者によると、痛めている左ひざを再手術する必要があるという。
ウッズがメジャー大会を欠場するのは初めて。9月に行われる欧州ツアーと米ツアーの対抗戦、ライダーカップも出場できない。
ウッズは今季初戦となった1月のビュイック招待から4連勝。昨季から出場した試合で7連勝を飾った。
しかし、4月のマスターズでは2位に終わり年間グランドスラムスラムの夢が消滅。
4月15日には左ひざの軟骨除去手術を受け、約2カ月のブランクをつくった。

ぶっつけ本番でメジャーに臨んだ復帰戦の全米オープン(12〜16日)では、
ミーディエート(米国)との19ホールのプレーオフの末に優勝。
史上2人目となるトリプルグランドスラム(メジャー4大会でいずれも3勝以上)を達成し、メジャー通算勝利数を14に伸ばした。
しかし、5日間、計91ホールのラウンド中はひざの痛みを訴え、左足を引きずりながらのプレーも目立っていた。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2008/06/19/05.html


Woods set to have season-ending knee surgery
http://sports.espn.go.com/golf/news/story?id=3450453



posted by ココナツ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。