2008年06月26日

ナダル、ユーロスペイン代表のためにウィンブルドン2回戦試合開始時間変更を要請

テニスのウィンブルドン選手権2008に出場しているスペインのラファエル・ナダルは、
サッカー欧州選手権2008(Euro 2008)の準決勝を戦うスペイン代表を応援するために、
自身の男子シングルス2回戦の試合開始時間を早めるように大会主催者へ要請している。
熱狂的なサッカーファンのナダルは2回戦でラトビアのエルネスツ・ガルビスと対戦するが、
ナダルは試合後にテレビの前でスペインがロシアを下し欧州選手権の決勝戦に進出するのを
見て夢のような一日を終えることを望んでいる。試合開始を早めるよう希望しているか
問われたナダルは「そう望んでいる」と認めている。

全仏オープン・テニス2008を制し、スペイン・リーガエスパニョーラ1部のレアル・マドリード
の生粋のサポーターとして知られるナダルは、スペイン代表が26日の準決勝で規定時間内
(90分間)で勝利することを望んでおり、イタリアとの準々決勝のように再び神経をすり減らす
ペナルティーキック(PK)戦を見たくはないと考えている。

スペイン代表についてナダルは「準々決勝はみんなの力で乗り越えた。準決勝に進出する
ことが極めて重要だったが、今は勝ち続けなければならない」と語っている。

AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/sports/tennis/atp/2409921/3072352
◆画像 ラファエル・ナダル
http://www.as.com/recorte/20071213dasdasten_3/C280/Ies/20071213dasdasten_3.jpg



posted by ココナツ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。