2008年06月28日

元旭鷲山、モンゴルの総選挙に立候補[06/27]

29日にモンゴルで総選挙、元旭鷲山が首都で立候補

【北京=末続哲也】
 モンゴルで29日、国民大会議(国会、定数76)の総選挙が行われる。

 選挙戦は、
旧共産主義政党で穏健派の与党・人民革命党(現有議席39)と、
改革志向の強い最大野党・民主党(同23)の2大政党が、
ともに3割前後の支持率を得て激しく競り合っている。
物価高対策や鉱物資源の収益を国民に還元する方策などが争点。
また、首都ウランバートル市の選挙区に、
大相撲の元小結旭鷲山、ダバー・バトバヤル氏が民主党から立候補し、
話題を集めている。

 2004年の前回総選挙では、人民革命党が過半数を失う一方、
民主党など野党側が躍進し、両党が参加する連立内閣が発足した。
だが、両党の対立が表面化し、06年1月に民主党が政権を離脱。
人民革命党は同9月の補欠選挙で単独過半数を確保した。

読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080627-OYT1T00573.htm



posted by ココナツ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。