2008年07月19日

「イチローは蚊。単打を打つだけ」「35歳になる選手にしがみついていられない」 シアトル地元紙がイチロー放出論

イチローをトレードすべき、と地元紙。
シアトルの地元紙「シアトル・ポスト・インテリジェンサー」紙の電子版は、17日付けで、
マリナーズのイチロー外野手を、トレード期日までに放出すべきだと報じた。

 「バベシGMの解任会見の際に、ハワード・リンカーンCEOは、チームの全員が
トレード候補になりうると語った。それなら、イチローを7月31日までに放出すべきだ。
もし、私がリンカーンなら、ペレコーダスGMに、球宴右翼手と交換にエース級の投手か、
若手の有望株が獲得できるかどうか、物色するように言うだろう」と同記事。
「イチローに反対しているわけじゃないけど、一からやり直す時期に来たのではないだろうか」と提案しているもの。
ジム・モーアというコラムニストによって執筆されていた同記事は、更に、
「改革が必要なら、たとえ、チームで一番の選手でも、10月に35歳になる選手にはしがみついていられない。
選手の人気に、惑わされてはいけない。勝つことに真剣なら、マーケティングの観点は一旦忘れて、
チームの成功というものは、長期にわたってファンにアピールすることが本質だということを理解しなければならない」

 同記事は、数週間前にESPNのラジオ解説者であるコリン・コウハード氏が、
「イチローは最も過大評価された選手」と評価したことを指摘。
そのコウハード氏が改めて同紙のインタビューに対して
「イチローは蚊。単打を打つだけで、打線の軸にはなれない」と語っている。

http://news.livedoor.com/article/detail/3735220/

Trade Ichiro? It's a bold but sensible proposition
http://seattlepi.nwsource.com/baseball/371111_moore17.html

http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1216386917/
2008/07/18(金) 12:56:30



posted by ココナツ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。