2008年07月19日

NHK連続テレビ小説で話題! EXILEメンバーの“棒”っぷり(日刊サイゾー)

ヤフーユーザーレビューでは、5段階で最低の星1つが果てしなく並ぶという、異例の低評価を誇る、
NHK朝ドラ『瞳』。コメント欄では、「感動する場面が皆無」「すべてが面白くない」
「台本がめちゃめちゃで雑」「最低のドラマ」「NHKどうしちゃったの?」「不視聴運動」などなど、
かつてないほどの惨憺たる評価が相次いでいる。そして、主人公役の榮倉奈々はじめ、
「棒読みだらけ」と評される出演者たちのなかでも、ひときわ輝く棒読みぶりを披露している人物がいる。
EXILE MAKIDAIこと眞木大輔が演じる「伝説のダンサー・KEN」だ。
ドラマは、まるでエイベックスとのタイアップではないかと思うほど、
「伝説のダンサー」を祭り上げているにもかかわらず、彼の演技力については「伝説級の棒(読み)」
「聞いてても観てても恥ずかしくなる」「棒ダンサー」などの声が続出。

 EXILEファンの間でも「ダンスだけ踊っていればかっこいいのに」「しゃべらなくて良い」
「(演技は)全然知らない、必要ない」などという評判が聞こえてくるほどなのだ。

 だが、これには大いに反論するファンもいる。


踊りと演技はやっぱり違う!?「MAKIDAIは、映画『渋谷区円山町』に出演していたときや、
ドラマ『ホットマン2』では、もっと自然な演技だったんですよ(怒)。朝ドラの脚本がひどすぎるんだと思う」

 そんな彼、実は6月21日放送のNHK『土曜スタジオパーク』に出演した折、ちらりと気になるこんな発言をしていた。

「僕のセリフ、『……』ばっかりで、セリフがちゃんとないんですよ(苦笑)」

 なんとあの棒読み演技は、脚本のせいだったということ!? だとしたら、「伝説の棒ダンサー」の称号は、
気の毒な気もするが……。だが、一方で、ある演劇ファンはこう話す。

「『劇団EXILE』として彼らが出ていた舞台には、目立って『棒読みの人』が何人かいて、
EXILEを全然知らない人でも、すぐに誰がメンバーなのか(その棒読み具合から)わかりましたよ(笑)」

 8月には、そんなMAKIDAIが吹き替え版の声優を務めた米映画『ハンコック』の公開が控えている。

 ヒット曲を連発し、「めちゃイケ」の企画から生まれた「オカザイル」人気などでも、
ファンの幅を広げているEXILEだが、演技のほうはまだまだ不安要素だらけのようだ。
(田幸和歌子)

消費者金融比較
posted by ココナツ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。