2008年07月19日

ガンバ大阪の新スタジアム建設候補地にエキスポランドが浮上

J1のG大阪が進めている新スタジアム建設候補地として、ホームタウンの
大阪府吹田市内にある「エキスポランド」が浮上していることが、18日に
分かった。スタジアムはサッカー専用で、3万人収容を計画。G大阪としては、
約150億円を見込む建設費を自治体に頼らず、スポンサーのほか市民に
支援を募る画期的な方式にしたい意向だ。
現在使用している万博記念競技場(吹田市)は2万1000人と収容能力が低く、
施設面でも国際試合開催に支障がある。G大阪は既に吹田市を含めた
近隣の4市などに土地の無償提供を打診してきたが、ジェットコースターの
脱線事故など不祥事が続き、昨年12月から休園中のエキスポランドが
有力候補として浮上した。
ただ、用地を所有する独立行政法人の「日本万国博覧会記念機構」が提供に
難色を示しており、具体化には曲折も予想される。

http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=spo_date1&k=2008071800401




posted by ココナツ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。