2008年07月19日

誰に刺されたのか!?山本モナ 飛び交う「仕掛け説」「陰謀説」

●飛び交う「仕掛け説」「陰謀説」

 山本モナ(32)、あっけなく撃沈――。

 巨人・二岡との不倫騒動を起こしたモナの今後の起用について、フジテレビは10日、対応に追われた。
結論は事実上の降板。モナ側が新情報番組「サキヨミ」(日曜夜10時)への出演自粛を申し出て、
フジがこれを受け入れ、13日の2回目以降はモナ抜きの放送になることが決まった。
騒動発覚後から業界内ではさまざまな憶測が飛び交った。
番組を盛り上げるためのモナ側の仕掛け説が流れる一方で、
逆にモナと新番組潰しのために二岡選手を差し向けたといった“陰謀説”も流れ、
テレビ業界はこの話題でもちきりだった。

 もっとも、この騒動で浮き彫りになったのはフジの混迷ぶりだ。フジは民放のトップ局だが、
業績が低迷する業界の先陣を切って、経費節減を徹底的に進めている。
局内の消灯、警備員の削減、取材費のカットなどが業界でも話題である。

 このこととモナをキャスターに起用した「サキヨミ」のスタートは無縁ではない。
同番組は安藤優子、滝川クリステルの豪勢コンビの「新報道プレミアA」を打ち切って始まったが、
「A」はこのところ好調だった。


●局内の経費節減も微妙に絡み

「フジが『A』をやめたのは、安藤キャスターら出演者のギャラが高く、コストがかかるのが理由です。
安藤のギャラは推定100万円。モナはその3分の1の30万円。
しかも、『A』は莫大な制作費を使える報道局の担当ですが、『サキヨミ』は情報局が担当していて、
報道への対抗意識から格安なモナを起用し、渋るクライアントも説得して始めた番組でした。
それだけに局ばかりか、情報局にとっても今度の騒動は痛恨の一撃です」(事情通)

 制作費・人件費カットのためにモメていた報道VS.情報のバトルの末のモナの“ラブホ不倫”。
フジ局内にも喜んでいる勢力がいっぱいいるということだ。

ソース
http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/story/14gendainet07025514/



posted by ココナツ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。