2008年08月03日

「おそ松くん」「天才バカボン」等で知られる漫画家の赤塚不二夫さん死去、72歳

・バカボン・おそ松くん…「ギャグの神様」赤塚不二夫さん死去

 「天才バカボン」「おそ松くん」など、戦後ギャグ漫画を代表するヒット作で
「ギャグの神様」と呼ばれた人気漫画家の赤塚不二夫(あかつかふじお)(本名・藤雄)さんが
2日午後4時55分、肺炎のため都内の病院で死去した。

 72歳だった。喪主は長女、りえ子さん。旧満州(中国東北部)生まれ。
12歳の時に手塚治虫の「ロストワールド」に衝撃を受け、中学卒業後、新潟から上京。
デビュー作は1956年、貸本少女漫画「嵐をこえて」。同年より、石ノ森章太郎、
藤子不二雄氏らと共に東京・豊島区のアパート「トキワ荘」の住人となった。

 雑誌デビューは58年「まんが王」(秋田書店)連載の「ナマちゃん」。
六つ子が主人公の「おそ松くん」は、62年から「週刊少年サンデー」(小学館)に連載され、
登場人物イヤミの「シェー!」の奇声とポーズ、デカパンやダヨーンなど奇人変人の
キャラクターが大人気となった。

 「これでいいのだ」が口癖のバカボンのパパが活躍する代表作「天才バカボン」は、
67年、「週刊少年マガジン」(講談社)でスタート。また、同年から少年サンデーで始まった
「もーれつア太郎」では、言葉をしゃべるネコ、ニャロメが人気を博した。
その他のヒット作に「ひみつのアッコちゃん」「レッツラゴン」など。
「バカボン」は3度テレビアニメ化されたほか、94年には自伝「これでいいのだ」が
NHKドラマ化された。65年「おそ松くん」で小学館漫画賞。
72年「天才バカボン」などで文芸春秋漫画賞。97年、日本漫画家協会文部大臣賞。
98年、紫綬褒章。

 97年暮れに食道がんを公表し、手術で克服。2002年4月に脳内出血で倒れ、
闘病生活を続けていたが、2日朝に容体が急変、危篤状態になった。
最後はりえ子さんら親族にみとられて亡くなったという。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080802-OYT1T00734.htm
画像:紫綬褒章を受章して、喜びを語る赤塚さん(1998年)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20080802-3648446-1-L.jpg



posted by ココナツ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。