2008年09月20日

【相撲】理事長が貴乃花親方に苦言「黙って座ってるだけなら何もならない」 貴乃花親方は「何の問題もない、審判部では統一できてます」

横綱・朝青龍の手をつかない立ち合いを不問に付す貴乃花審判部副部長(元横綱)に対し、
武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)が苦言を呈した。

この日も左手をつかない立ち合いだった。いずれも正面審判長を務めた貴乃花親方は
止めなかった。武蔵川理事長は「彼はついたと見たかもしれないが、ばらつきがあっては
いけない。素人が座ってるわけじゃないし、黙って座ってるだけなら何もならない」と話した。一方、貴乃花親方は朝青龍の立ち合いに「何の問題もない」。さらに「審判部では統一できてます」
と言い切った。

ソース:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20080920-OHT1T00199.htm



posted by ココナツ at 22:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初です♪
共感できるブログ^□^
僕もくだらないブログかいてますが・・・
またみにきまぁす(^^)
Posted by 銀狼 at 2008年09月21日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。