2008年09月20日

羽賀研二被告に懲役8年、渡辺二郎被告に懲役4年求刑・・・無罪主張し結審、11/28判決

羽賀研二被告に懲役8年求刑…無罪主張し結審、11月28日判決

3億7000万円の詐欺と恐喝未遂罪に問われたタレント羽賀研二(本名・当真美喜男)
被告(47)と、恐喝未遂の共犯とされる元プロボクシング世界王者渡辺二郎被告(53)
の公判が16日、大阪地裁(中川博之裁判長)であり、結審した。判決は11月28日。

この日の公判で、検察側はあらためて求刑する見通しだったが、「弁護側証人として
出廷した羽賀被告の知人の証言は信用できず、有罪は明らか」と追加意見を述べるに
とどまった。求刑は、羽賀被告が懲役8年、渡辺被告が懲役4年。
一方、羽賀被告側は「だますつもりはなかった」と無罪を主張した。

起訴状によると、羽賀被告は2001年6月から10月にかけ、知人男性から医療
コンサルタント会社の未公開株購入を手配するよう依頼され、実際の3倍の価格を
説明。男性から代金計3億6000万円と手数料1000万円をだまし取った。

また、男性は同社が上場せずに倒産後、約4億円の支払いを羽賀被告に請求した。
このため羽賀被告は渡辺被告らと共謀し、06年6月、大阪市内のホテルで男性を
脅し、1000万円で債権を放棄するとの書面に署名させたとされる。

引用元
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080916-OHT1T00192.htm



posted by ココナツ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。