2008年10月03日

角田信朗K−1競技統括プロデューサーが魔裟斗vs.佐藤嘉洋戦のジャッジについて説明

魔裟斗選手と佐藤選手の試合後に混乱があったことについて、試合のジャッジ含めて、何が起きたのかを
お話したいと思います。

K−1のジャッジでは、3Rの中で完全決着をつけることになっています。ラウンドをコントロールしたり、
試合をコントロールしたら10−9というスコアリングがつきます。わずかな差と見たジャッジは10−9を
つけない場合もあります。ジャッジの見解は統一されています。
1Rがイーブン、2Rは魔裟斗選手がリードと判断したジャッジがいた。3R目、魔裟斗選手がダウンしました。
ダウンした場合は2ポイントの差がつきます。ダウンは、攻撃、ダメージを受けてのダウンと、フラッシュダウンと
いわれるダウンがあります。この判断はジャッジです。ジャッジが判断します。3R、魔裟斗選手がダウンした
時点では、10−8のスコアリングがついています。ここまでは統一されています。そこから魔裟斗選手が
挽回したと2名のジャッジが評価しています。よって、10−8がついたスコアリングに、挽回を支持して
佐藤選手から1点マイナスにする。9−8というスコアをつけたジャッジが2名います。1名は支持せずに
29−28で1名、28−28でドローというジャッジが2名。それがこの試合のジャッジの中身です。

混乱をまねいた原因のひとつとして、MCのボンバー森尾氏が読み上げに時間を要したことがあらぬ誤解を
まねいたのではないかと思います。ボンバー氏に確認したところ、ジャッジの内容確認をしたためにあの間が
あいたということですが、それでもよくない混乱をまねいた要因ではないかと思います。

ご理解いただきたいのは、ジャッジが一度10−8になっても、さきの展開で差が縮まることもあるということです。
そこはジャッジの判断にゆだねられます。だからジャッジは3名います。9−8というのは、佐藤選手がダウンを
奪ったマイナス2も生きている。魔裟斗選手が挽回したというのも中身に生きている。そうすると、30−30という
ジャッジの結果が出るのと、28−28でドローというのとでは全然違うと思います。



posted by ココナツ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。