2008年10月03日

「ロシアの恥だから、早く帰ってきなさい」 元若ノ鵬の母が怒りの帰国指令

大麻取締法違反で逮捕され、日本相撲協会から解雇された元幕内・若ノ鵬(20=
本名・ガグロエフ・ソスラン)が母から強制帰国を命じられていたことが1日、分かった。
関係者によると、元若ノ鵬の身勝手な行動に、母国ロシアの母ベラさんが激怒。
電話で「ロシアの恥だから、早く帰ってきなさい」と雷を落とされたという。
厳格な母にしかられた元若ノ鵬は「母に怒られてしまった…」と完全に意気消沈。
角界復帰を希望しながら突然、八百長を告発するなど極貧状態の中で必死に
生き残る道を探しているが、母の命令には従わざるを得ないかもしれない。
◆完了 
元若ノ鵬の身元保証人となっていた大相撲の間垣親方(元横綱・2代目若乃花)が
身元保証人から外れる手続きを済ませた。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2008/10/02/08.html



posted by ココナツ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。