2008年10月11日

オスカー、スターダスト…大手芸能プロによる映画製作参入の思わく

大手芸能プロダクションが、映画製作や映画配給に積極参入の姿勢を見せている。
このほど、米倉涼子、上戸彩、菊川怜らを擁するオスカープロモーションが、
本格的に映画製作に参入することを明らかにした。既に多くの作品の製作出資で実績のある
スターダストプロダクション傘下のスターダストピクチャーズも、自社製作作品を単独で配給する方向を固めた。
オスカーの映画製作第1弾は、11月8日から公開される『櫻の園』。
1990年に公開され映画賞を総なめにした作品のリメイクで、前作同様に中原俊監督がメガホンをとる。
主演は同社所属の福田沙紀で、米倉や上戸らも特別出演している。

製作の形は、最近主流になっている製作委員会方式。配給の松竹をはじめ電通、
テレビ朝日などが参加しているが、出資を含めて手綱を握るのはオスカーだ。
同社は、100本以上の企画のなかから再映画化を決めたという。

一方、スターダストは生野慈朗監督の『余命』を製作、配給する。所属する松雪泰子が主演の感動作だが、
配給まで手掛けるのは芸能プロとしては初めてのケース。柴咲コウ、常盤貴子らを抱える同プロは、
数年前から所属俳優が出演する作品中心に製作参加してきたが、最近はその本数の見直しを図ってきた。
そのひとつの方向性が、自社製作作品の自社配給という形につながった。

スターダストと製作を行ってきた映画プロデューサーは、「芸能プロが邦画製作に参加するのは
目新しいことではない。かつて渡辺プロダクションやホリプロなどが盛んに行っていた。
邦画の低迷に伴い数は減ったが、立ち直っていく過程で新たに参加してきたのでしょう。
テレビドラマが視聴率を稼げなくなってきたこともあるかもしれない。
映画のヒットで所属俳優、タレントの価値を上げていくねらいが感じられる」と言う。

映画に新たな価値を見い出そうとしているが、経費面含めリスクもかなり大きい。
配給まで手掛ける芸能プロが登場してきた以上、邦画大手も安穏としてはいられないだろう。
もしその形が成功すれば、人気俳優やタレントを抱える事務所は製作から配給までを
すべて自前で行っていく可能性があるからだ。毎年1、2本の作品を製作していく意向のオスカーを含め、
芸能プロは邦画業界全体の台風の目になるかもしれない。



posted by ココナツ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。