2008年11月07日

「自分で決めた方がいいのか、長いものに巻かれるというやり方も時に必要なのか」…石井慧、ダライ・ラマに進路選択を相談

◇ダライ・ラマ14世 石井慧選手が進路選択を相談

「自分で決めた方がいいのか、長いものに巻かれる必要があるのか」。

チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世(73)が6日、東京都墨田区の両国国技館で行った講演後、
柔道の北京五輪男子100キロ超級金メダリストでプロ格闘家への転向を表明した石井慧(さとし)選手(21)が
ダライ・ラマに進路選択について相談する一幕があった。
石井選手は講演を終えたダライ・ラマに花束を贈呈する一人として招かれていた。
講演会を主催したチベット支援団体によると、贈呈時間に合わせて来てもらえればいいと依頼したが、
石井選手は「講演も聴きたい」と言い、他者を思いやる心の大切さを説くダライ・ラマの講話に熱心に耳を傾けた。

質疑のコーナーで2番目に立った石井選手は
「今、自分の中で全く分からない世界に来ている。いろいろな人からアドバイスをもらっているが、
最後は自分で決めた方がいいのか、長いものに巻かれるというやり方も時に必要なのか」と質問し、会場を沸かせた。

これに対し、ダライ・ラマは
「たくさんの方のアイデアを取り入れることもためになると思うが、仏教的な観点から答えれば状況を
よく調べ、考えてみることだ。それによって自分自身で判断を下すことが最終的になさねばならない道だと私は思う」
と答えた。石井選手が礼を述べると、約4500人の聴衆が大きな拍手を送った。

石井選手は3日、プロ格闘家への転向を正式表明したが、デビュー時期や所属団体は
「これから考えたい」と話している。【成沢健一】

ソース:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000021-maip-soci



posted by ココナツ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。