2008年11月11日

石井慧に早くも弱点が発覚 分厚い胸の筋肉が邪魔でストレートパンチが打てない

プロ格闘家転向を表明した北京五輪柔道100キロ超級金メダリストの石井慧(21=国士舘大)が8日、
国士舘大で開かれた柔道部の祝勝会に出席した。トレーニングのため、20分遅れて会場入りする
大物ぶり。約2時間の祝勝会ではサイン攻めにあうなど大人気だった。
祝勝会後、石井は「練習はやっています。打撃8割から9割で、あとは寝技ですね」と既に
格闘家デビューへ向けた練習を開始していることを明かした。今月いっぱいで柔道部の寮を
出るが、都内に2LDKの部屋を借りることも決定。「新居も決まりました。部屋にはサンドバッグとか
常備させたい」と、来春のDREAMでの本格デビューへの準備が整いつつあることを口にした。

ただ、打撃に関しては分厚い胸の筋肉が邪魔でストレートパンチが打てないことが判明。弱点を
克服するために、あこがれの存在であるエメリヤーエンコ・ヒョードルのパンチを研究しているという。
「自分はフックばっかりですが、ヒョードルのビデオを見て参考にしている。かぶせるような打ち方は
すごく自分に合っている」と話した。

http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2008/11/09/01.html



posted by ココナツ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。