2008年11月18日

音楽会社が小室哲哉容疑者“暴露本”発売へ 小室容疑者と会ったことは無いKAZUKI氏が執筆

詐欺容疑で逮捕された音楽プロデューサー・小室哲哉容疑者(49)の暴露本「小室哲哉
〜50年の軌跡〜」(仮題)が発売されることが17日、分かった。本の作者で小室容疑者の
原盤権をもつ音楽会社「イーミュージック(イ社)」所属のプロデューサー・KAZUKI氏(42)らが
会見を行い、明かした。小室容疑者が逮捕にいたった経緯などを描くが、同氏は小室容疑者と
「会ったことがない」と告白。また、出版元の「宮帯パブリッシング」宮下玄覇社長によると
小室容疑者は出版されることを知らず、内容次第では大きな波乱を起こすことになりそうだ。
宮下社長によると、同書は全13章構成。小室容疑者の生い立ちや栄華を極めた90年代、
転落への序章となる海外での事業失敗や借金生活の様子といった半生を追った内容が中心。
だが、第1章の「逮捕にまつわる事情」では逮捕前の小室容疑者の様子など裏話も盛り込むという。

 当初、宮下社長にはイ社の関係者から小室容疑者自身による自伝出版の話がもちかけられ
ていたという。そのため、宮下社長は出版条件としてイ社の株1000万円相当を購入するなど
していた。

 だが、小室容疑者の逮捕で企画が頓挫。逮捕当日の4日に宮下社長とイ社のオーナーで
話し合い、小室容疑者の妻でイ社に所属する歌手のKEIKO(36)に“夫・小室哲哉”という
内容の出版オファーをするなどしていたという。だが、それも実らず、イ社所属のKAZUKI氏が
筆をとることになった。

 すでに内容の6〜7割は出来上がっているといい、12月中旬に初版1万部で発売予定。
だが、この日、都内で会見を行ったKAZUKI氏は「(小室容疑者とは)会ったことはないですね。
面会に行けたら行きたいんですけど。情報源は関係者です」とまさかの告白。

 また、宮下社長によると同書の出版を当の小室容疑者は知らないという。「本人に接見できず、
承認をとれない」(宮下社長)ためで、KEIKOにも出版の話は伝えていないと明かした。
デイリースポーツ:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081118-00000004-dal-ent



posted by ココナツ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。