2008年11月22日

“孤高の天才”田村潔司が石井慧にダメ出し「1年目は化けの皮がはがれる 前途多難だと思う」

“孤高の天才”田村潔司が20日、北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストの
石井慧に痛烈なダメ出しをした。プロ格闘家転向を表明した石井はデビュー前から
期待を集めているが、田村だけは「前途多難」と厳しい評価。
果たしてその真意は――。
石井は現在、来秋のデビュー戦に向けて猛練習を積んでいる。主戦場は決めて
いないが、3月20日の卒業式までは国内でトレーニングを続け、その後は海外へ
武者修行に向かうプランを練っている。
いまだに石井フィーバーはとどまるところを知らず、デビュー前から「格闘界の救世主」
として注目を集める。だが田村の目は厳しかった。
石井について初めて言及した田村は「1試合してみたら分かる。総合の難しさが分かると
思う。1年目は化けの皮がはがれる。ボクは正直、前途多難だと思う」と言い切った。
デビュー前の超大物に対する言葉だけに、その重みは分かっている。もちろん根拠が
あっての発言だ。「総合は総合、柔道は柔道なんですよ。柔道を何十年やってきて、
構えや癖は半年や1年じゃ抜けない。総合は最初に道着があって、組んで攻める
わけじゃない。ギャップを感じると思う。最初からそれができるなら、ボクらみたいな
存在(総合格闘技)はいらない」
田村はこれまで柔道五輪金メダリストの吉田秀彦、瀧本誠と対戦経験があるが、
2003年8月の吉田戦では、柔道家の癖を痛感したという。「石井に直接アドバイス?
敵なんで必要ない。これを乗り越えたら素晴らしい選手になるし、2年目は期待できる」と
最後はエールで締めくくった田村。寡黙な男がここまで言うのも、期待の裏返しだろう。

(東京スポーツ 11月22日(土)販売号より)

気になる記事を確実にキャッチ。WEB対応型クリッピングサービス。
posted by ココナツ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。