2008年11月22日

大阪地裁、3000万円で小室哲哉被告の保釈決定「裸の王様だった」

3000万円で小室被告の保釈決定「裸の王様だった」
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/images/KFullFlash20081121038_l.jpg

大阪地検特捜部は21日、著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺罪で音楽プロデューサー
小室哲哉容疑者(49)ら2人を起訴した。大阪地裁は同日、保釈保証金3000万円で
小室被告の保釈を決定した。
小室被告は調べに「返済期日が迫り、何としても金をつくらなければ破産すると思った」
と供述、起訴事実を全面的に認めている。また「人生を振り返るチャンスを被害者に
与えてもらい感謝している」「生活が豪華になり、金がどんどん入る中で、裸の王様に
なった」と話しているという。

ほかに起訴されたのは、小室被告が役員を務めるプロダクション「トライバルキックス」
(東京)の監査役木村隆容疑者(56)。代表取締役(45)については、利得を得ていない
ことなどから、起訴猶予処分とした。

起訴状によると、小室被告らは2006年8月、これまでの作品806曲分の著作権
について、793曲を既に約40の音楽出版社に譲渡し、うち主要約300曲はト社などに
二重譲渡していたのに、「全部僕に著作権があります」などとうそを言って、10億円で
売却する契約を兵庫県芦屋市の投資家男性と締結。

さらに前妻に差し押さえられていた印税収入の権利について、解除する意思がないのに、
解除代金として計5億円を支払わせ、だまし取った、とされる。

5億円のうち、約3億4000万円が融資金の返済に充当。また、1億5000万円は
木村被告の口座に入金されたが、約9000万円は小室被告の借金返済に使われ、
残りは木村被告の借金に充てられた。

引用元
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20081121038.html

気になる記事を確実にキャッチ。WEB対応型クリッピングサービス。
posted by ココナツ at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。