2009年03月25日

米敗退どこ吹く風、真の勝者はMLB…テレ朝20億、TBSは「もっと」、ジャパンマネーガッポリ

侍Jに負けても米どこ吹く風…WBC真の勝者はMLB

 日本代表Vs韓国代表という、アジア勢同士の決勝戦で終幕となった第2回ワールド・
ベースボール・クラシック(WBC)。準決勝で米国代表が日本に敗れたのは自業自得だ。
金儲けしか頭にない主催の米大リーグ機構(MLB)と開幕前の故障を恐れて主力選手の
出し惜しみをした球団の姿勢が元凶となっているからだ。だが、双方ともに反省の色は
見られない。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)
野球発祥の地の米国代表が、WBCで2大会連続して優勝を逃した。AP通信は「米国の
国民的娯楽(野球)は、地元で大きな打撃を受けた」と伝え、大リーグの公式ホームページ
も「決勝に進んだ2チームから、我々は何か学ぶことがあるはずだ」と、米国の準備と熱意
の不足を指摘した。

 普通に考えれば、プライドが傷つく国辱的な敗戦でMLBと球団側の責任のなすり合い
でも始まりそうだが、そうはならないだろう。米国代表が負けても、MLBは主催者として、
しっかり金儲けをしている。韓国代表がベネズエラ代表を破った準決勝を観戦したセリグ・
コミッショナーは大会の成功をこうアピールしている。

 「大リーグはグローバル化に消極的などと言われてきたが、素晴らしい大会になっている。
日本と韓国ではテレビ視聴率が最高となったらしい。アジアの野球の躍進については
驚いている」


ソース
http://kissho.xii.jp/1/src/1jyou69259.jpg
http://kissho.xii.jp/1/src/1jyou69260.jpg
http://www.zakzak.co.jp/spo/200903/s2009032433.html


━━ 女性の頭皮ケア【薬用スカルプDレディース】━━━

 
 「抜け毛・細毛・うねり毛」は年齢のせいだと諦めていませんか?

 ◎頭髪医療専門病院から誕生!

  臨床現場の実績から専門家が作った本格育毛シャンプーです

  もう一度輝く髪へ 

シャンプー・トリートメントのセット購入で【送料無料!】
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HRZT7+AJ954I+KOG+1BS90J

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by ココナツ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。