2006年05月10日

アイフル、「CM好感度白書」で2年連続1位も受賞を辞退・企業別総合評価では日本コカ・コーラ1位

アイフル:「CM好感度白書」で1位 同社は受賞を辞退

テレビCMを調査しているCM総合研究所(東京都港区)は10日、05年度の
「CM好感度白書」を発表した。商品別ランキングでは、チワワが人気を集めた
消費者金融大手、アイフルが2年連続で1位となった。

同社は違法な取り立てなどで金融庁から業務停止命令を受けたばかりで、
「世間を騒がせた」として受賞を辞退した。

CM総研は「イメージと実態は離れていたが、CMの出来は抜群だった」
と話している。

CM総研は毎月、首都圏の男女3000人を対象に好きなCMや理由などを
調査している。アイフルのCMはチワワの「くぅ〜ちゃん」や俳優、清水章吾さんの
ユーモラスな演技で知られており「出演者」や「ストーリー」などの項目で高く
評価された。2位はKDDIの携帯電話「au」、3位は大塚製薬のオロナミンCだった。

企業別で総合評価した好感度では、前年度3位の日本コカ・コーラが1位となり、
12年連続首位だったサントリーが2位に転落。3位は花王で、アイフルは10位だった。

引用元
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060511k0000m040066000c.html

アイフル
http://www.aiful.co.jp/
CM DATABANK / CM 総合研究所
http://www.cmdb.co.jp/





posted by ココナツ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。