2006年05月16日

安住紳一郎の実力 (ゲンダイネット)

テレビでもっとも目立っている男性アナウンサーは誰かといえば、TBSの安住紳一郎(32)で決まりだ。
番組が増え続け、出演番組がいずれも高視聴率を記録しているのだ。

 安住のレギュラーは現在、4本。「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」
「ぴったんこカン・カン」に今週スタートした黒柳徹子との共演番組「ドリーム・プレス社」が加わった。
ちなみに「ドリーム」は安住を一流のキャスターに育成するというのがコンセプト。安住のために用意された新番組で、好調なスタートになった。

 安住の番組はどれも大人気で、5日の「金スマ」の視聴率は21.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を
記録して「週間視聴率ランキング」では4位。また、9日の「ぴったんこ」も18.6%を記録した。安住は“高視聴率アナ”である。

「彼はいつもキチッとネクタイをして、礼儀正しいというイメージがあります。タレントとのやりとりでも出すぎず、
嫌みがなく、子供から老人まで幅広い視聴者に好かれているのが人気の最大の理由です。TBSには安東弘樹アナが
いて安住と競っていたけど、勝負がついた。今は安住の一本かぶりといっていい状況です」(事情通)

 安住はオリコンが実施した直近の「好きな男性アナウンサー」のアンケートでも断然のトップに輝いた。
“男性アナ・ナンバーワン”のポジションは揺るぎそうにない。

【2006年5月12日掲載記事】

[ 2006年5月15日10時0分 ]
http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/story.html?q=15gendainet07019881&cat=30





posted by ココナツ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。