2011年07月11日

【野球/NPB】マッチョ化した斎藤佑樹にススキノのゲイが熱視線…吉井コーチも「ユニホームがピッチピチ!」(東スポ)

11日の楽天戦(札幌ドーム)での先発が予定されている日本ハム・斎藤に
心強い援軍が出現した。地元ススキノの"オネエ系"の面々が二軍生活で
磨き上げたボディーに注目し、熱いラブコールを送っている。

「元々佑君は女顔で色白、きゃしゃだから、ゲイからの人気は低かった」と
語るのは2丁目に詳しい事情通氏。同氏によると「ああいう正統派タイプの
美少年は女に受けてもゲイには受けない。王道は色黒、短髪、ひげに
たくましい体。甲子園に出場した時から、男らしい顔で体も大きい楽天の
マー君の方が2丁目では人気だった」という。

だが、最近は「斎藤=ゲイ不人気」の様相が変わりつつあるという。
1か月以上に及んだ二軍生活でのトレーニングでマッチョになり、
色白肌からこんがり日焼けした肌に変化。男っぷりが格段にアップした。
その変化は約2か月ぶりに再会した吉井投手コーチを「ユニホームが
ピッチピチ!ふっくら…というか中身がつまった感じ!」と驚かせたほどだ。
もちろんススキノのゲイの人たちも、そんな斎藤を見逃すはずはない。
あるゲイバーのママは「体がたくましくなったってね」と興味津々で
「元々ゲイの間で野球人気は低いけど、あの子は別。筋肉質になったこと
でさらに人気が高まるでしょう。もしうちに来てくれたら、大騒ぎにならない
ように、お店のあんどんを消してゆっくり飲ませてあげたい」。

別のゲイバーのママも「斎藤君は年配の人から人気が高い。体が
たくましくなったのはいいこと♥ うちのお店に来たことはないけど…
一般の人と同じように静かに飲ませてあげたい」と"オネエ本能"を震わせた。
(後略、三浦優佳)

7月9日発行 東京スポーツ紙面より
http://www.tokyo-sports.co.jp/touspo.php

posted by ココナツ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。