2011年07月12日

3.11後、初のハリウッドスター来日決定 『トランスフォーマー』最新作

東日本大震災による原発事故の影響で、欧米から映画の公開に合わせた
大物スターや監督の来日が絶える中、映画『トランスフォーマー/ダークサイド・
ムーン』(7月29日公開)の製作総指揮・監督のマイケル・ベイ、シリーズを通じて
主人公サムを熱演したシャイア・ラブーフ、未来のスターとして世界中から熱い視線を
集めているニュー・ヒロイン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリーの来日が緊急決定した。
16日に大阪で開催されるジャパンプレミアイベントに出席する。
2007年にスティーブン・スピルバーグ製作総指揮、ベイ監督のタッグで誕生した
『トランスフォーマー』。2009年に続編『〜/リベンジ』を経て、シリーズ完結編となる
『〜/ダークサイド・ムーン』は、初の3D映画として登場。6月29日の全米公開を皮切りに、
今月10日までのわずか12日間で、全世界興行収入6億4500万ドル(約516億円・推計)を
上げる大ヒットを記録している。

 同作のプロモーションのためのワールドツアーは、これまでにプレミアを行っていない
都市を中心に組まれ、モスクワ、ニューヨーク、リオデジャネイロ、そして最後に大阪が
開催地として選ばれた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110711-00000334-oric-movi
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の(左から)マイケル・ベイ監督、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、シャイア・ラブーフの来日が決定
http://s.cinematoday.jp/res/N0/03/37/N0033709_l.jpg
posted by ココナツ at 13:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。