2011年07月12日

高橋真麻、アナとしての能力不足で他部署に異動か。社内食堂で一人ぼっちで食事する姿もよく見掛ける

http://sankei.jp.msn.com/images/news/110705/ent11070522310009-p2.jpg
あの二世女子アナも他部署へ異動か?
http://news.livedoor.com/article/detail/5702876/
完全地デジ化移行を目前にした6月末、
フジテレビではこれまでだったらあり得なかったはずの人事が断行された。
 「女子アナ3人が突然、他部署に異動になった。3人のうち1人は平井理央アナと同期
の宮瀬茉祐子アナで広報局へ異動。今回の人事は女子アナへの適性と人数のバランスを考
慮して行われたが、要は“個性”がない女子アナは異動対象となってしまった。今後も、
女子アナで入社したからとはいえ、その地位は安泰ではない。来年以降、新人が増えれば
押し出される形での異動もありそう」(フジテレビ関係者)
そんな中、「異動にリーチがかかっている」と言われるのが、俳優・高橋英樹の1人娘の高橋真麻アナだというのだ。
 「父親の“七光り”のみならず、原稿を読むアナウンス技術もほかの女子アナより飛び
抜けている。両親に大事に育てられたため大変性格もいい。ところが、女子アナにとって
大事なアドリブがまったく利かず、一刻を争う現場中継では使えない。以前、夕方のニュ
ース番組で毎週、真麻が1人で全国各地から中継するコーナーがあったが、局内での評判
があまりよろしくなかったため、時間が押している場合は真っ先にカットされ、いつの間
にかコーナー自体がなくなってしまった」(別のフジテレビ関係者)

 最近放送されたバラエティー番組では、真麻が1日に平均して2回ほど1人でさみしそ
うに社内食堂で食事をする様子が放送されていたが、「特番や単発のバラエティー、後は
スポットのニュースぐらいしか仕事がない」(同)という。
 自身の微妙な立場から抜け出すためか、真麻は47日間にわたって行われる同局の夏の
イベント「お台場合衆国2011」で連日、早朝に野外ステージに立ち得意のカラオケを披
露することになったが、「カラオケぐらいしか芸がない」(同)というから仕方ない。


posted by ココナツ at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子アナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。