2011年07月14日

ビビる大木、上半期番組出演本数1位に! 2位には有吉弘行が急浮上

本年度上半期でテレビ番組出演本数が最も多かったタレントはビビる大木だったことが
14日、わかった。テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが発表した『2011上半期
タレント番組出演本数ランキング』によると、1位に輝いた大木の出演本数は265本。
『PON』や『潜入!リアルスコープ』など数多くのレギュラー番組で存在感を発揮した。
続く2位には出演本数259本で有吉弘行がランクイン。有吉は、昨年の年間ランキング
9位から大幅に順位を上げ、“再ブレイク”の言葉では片付けられない活躍を見せている。

 同ランキングは、乙女キャラでブレイクした楽しんごが5位に登場したのをはじめ、
ピース(11位)、フルーツポンチ(15位)、しずる(17位)など、若手お笑い芸人の活躍が
目立つ結果となった。そのほか『スッキリ!!』の司会もすっかり板についてきた加藤浩次
(4位)や、多くのバラエティーで活躍するオードリー(7位)、タカアンドトシ(9位)、毎年
“消えそうな芸人”として名前が挙がっている小島よしお(12位)もTOP20にその名を
連ねている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110713-00000315-oric-ent
http://career.oricon.co.jp/news/89810/full/#rk

posted by ココナツ at 15:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214801869

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。