2007年08月22日

21歳のダルビッシュ「自分自身でハッピーバースデーです」サエコからのプレゼントの中身は内緒

思わず両手を大きく広げた。「おいっ!」無情なジャッジに、ダルビッシュは叫び声を上げた。
「ファーストの近くで見てて、アウトだと思いましたよ」
6回無死。1人の走者も許さずに迎えた打者16人目だった。松田の遊ゴロを大事に
処理し過ぎた陽の送球が遅れ、判定は「セーフ」。大記録はこうして幻に終わった。
それでも、エースは笑っていた。落ち込む陽に「これで早く降板できる口実ができたよ」
と声をかけた。この日は、自身21歳の誕生日。年輪を1つ重ねた分だけ、気持ちにも
ゆとりがあった。右腕は、その後も気を緩めることなく、ソフトバンク打線をシャットアウト。
大量援護のため、8回でマウンドを降りたが、許した走者はあの内野安打の1人だけだった。
シナリオ通りの快投だった。初回、ダルビッシュが投げた直球は、自己最速タイ153キロを
計測するなど、10球すべてが150キロ台。「最初は真っすぐがきてると思わせて、その後に
(力を)抜こうと思った」6奪三振の序盤3イニングとは一転、2巡目以降は緩い変化球を交え、
敵をまったく寄せ付けなかった。
結局、10三振を奪い、今季7度目の2ケタ奪三振も記録して、11勝目。7月に入ってから、
これで自身5連勝だ。この日も、降板後に右上腕の張りを訴えるなど「体調的にはあまり
良くない」という。だが、その中でもコンディションづくりは怠らない。夏場を迎え、3食ともに
食べる量を増やしたことで、体重85キロをキープ。
また「この方が食が進むから」と夕食では、意識的にビールを飲む工夫も重ねている。

誕生日を最高の形で飾ったエースは「自分自身でハッピーバースデー!です」と喜んだ。
婚約相手の女優・サエコ(20)からのプレゼントを聞かれると「もらいましたけど、中身は
言えないです」と首を振ったが、笑顔は絶えない。公私両面の充実ぶりを感じさせた。

ソース・詳細はhttp://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20070817-OHT1T00056.htm
画像はこちらで
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/08/17/images/KFullNormal20070817077_l.jpg
http://hochi.yomiuri.co.jp/photo/20070817-436555-1-L.jpg




posted by ココナツ at 15:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
の出動 イスラミヤ は これまで住民ら ゲーム付きスキン どんぐり 月号で加藤夏希ちゃん着用 たな ナラティワ イスラム教
Posted by 画面上へ at 2007年08月24日 14:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。