2007年08月27日

【映画】 「最高のセックスシーントップ50」 米映画専門TV局が発表

インディペンデント映画を放映するアメリカの映画専門チャンネルIFCと
オンラインマガジンNerve.comが、1896年から2006年までに作られた映画を対象に
「最高のセックスシーントップ50」を発表した。1位には、ニコラス・ローグ監督による1973年のイギリス映画「赤い影」がランクイン。
ジュリー・クリスティとドナルド・サザーランドがバスルームでするセックスシーンが
選ばれた。
以下、2位にはデビッド・クローネンバーグ監督「ヒストリー・オブ・バイオレンス」、
3位にはデビッド・リンチ監督の「マルホランド・ドライブ」が選ばれるなど、
異色映画作家による衝撃のシーンが上位を占めた。

最も古いのは映画史初期1分程度の作品として撮られた1896年の「The Kiss」で
21位にランクイン。逆に新しいのは48位の「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス
幻想のポートレイト」や38位の「ショートバス」(現在公開中)で、いずれも2006年製作作品。

トップ10は以下の通り。カッコ内は監督名。なお、IFC.comの「最高のセックスシーントップ50」の
個別の記事からNerve.comのビデオで問題のシーンの断片を見ることが出来る。

1.「赤い影」(ニコラス・ローグ)
2.「ヒストリー・オブ・バイオレンス」(デビッド・クローネンバーグ)
3.「マルホランド・ドライブ」(デビッド・リンチ)
4.「卒業白書」(ポール・ブリックマン)
5.「存在の耐えられない軽さ」(フィリップ・カウフマン)
6.「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」(ジャン=ジャック・ベネックス)
7.「マイ・ビューティフル・ランドレット」(スティーブン・フリアーズ)
8.「セクレタリー」(スティーブン・シャインバーグ)
9.「ビッグ・イージー」(ジム・マクブライド)
10.「ヤング・フランケンシュタイン」(メル・ブルックス)

ソース:eiga.com
http://eiga.com/buzz/show/8476
画像:38位の「ショートバス」
http://eiga.com/images/buzz/20070827/shortbus.jpg?1188182765

★50位までの全ランキングはこちらで
映画で最高のセックスシーン50(英語)
http://ifc.com/news/article?aId=20710



posted by ココナツ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。