2007年08月28日

横綱・朝青龍のモンゴル帰国が決定 日本相撲協会が承認[08/28]

・朝青龍のモンゴル帰国が決定 日本相撲協会が承認 (Sankei WEB)

 日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、
「解離性障害」と診断された横綱朝青龍(26)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、
モンゴル出身、高砂部屋=のモンゴルでの帰国療養を承認した。
理事会決定を受け朝青龍は、29日にも帰国の途に就く。
高砂親方(元大関朝潮)が同行する予定。長くて9月末までとみられている。
朝青龍の主治医である高木洲一郎医師がモンゴルへの帰国を強く勧める文書を
理事会に提出。北の湖理事長(元横綱北の湖)も帰国を容認する考えを表明していた。
27日には理事長、武蔵川事業部長(元横綱三重ノ海)、伊勢ノ海総合企画部長
(元関脇藤ノ川)ら執行部に、納谷幸喜相撲博物館長(元横綱大鵬)らが加わって協議し、
これ以上日本にとどめるのは人道上の問題があるとする考えで一致していた。

 朝青龍は負傷治療を理由に夏巡業の休場を表明しながら、
モンゴルでサッカーに興じていたことで、協会から2場所出場停止や謹慎、減俸の処分を受けた。
厳しい処分で精神的に不安定になったとして、診断した協会の指定医らが帰国療養を勧告していた。

(2007/08/28 12:29)
http://www.sankei.co.jp/sports/fight/070828/fgh070828002.htm



posted by ココナツ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。