2007年09月01日

「ぼくはゴールしたんですか」 山崎勇喜、係員の誘導ミスで失格に…男子50キロ競歩

大阪・長居陸上競技場で開かれている第11回世界陸上競技選手権で1日、
男子50キロ競歩で選手誘導ミスがあり、日本選手のトップを歩いていた
山崎勇喜選手(23)=長谷川体育施設=がコース離脱で失格になる事態に見舞われた。

 問題は47キロ過ぎの周回コースから競技場への入り口付近で起きた。
山崎選手は、1周2キロの周回コースをあと1周しなければならないのに、
複数の競技係員が競技場の方へ誤って誘導。山崎選手もその指示に従って競技場へ入り、
そのまま300メートルを歩いてゴールしてしまった。
あと1周残っていることに気づいた係員が慌てて後を追って周回コースに戻ることを指示したが、
山崎選手は気づかなかった。ゴールした後の山崎選手は倒れ込み、そのまま医務室に運ばれた。

記者会見した吉見正憲・競技運営副本部長によると、競技場の入り口付近にいた
周回記録員が、山崎選手の周回について「もう終わりや」と告げ、それをもとに
ほかの係員が誘導してしまったという。周回を誤った原因について同副本部長は
「記録委員の思いこみがあったのではないかと思う」と説明した。
桜井孝次・競技運営本部長はミスを認めた上で、
「日本選手団、山崎選手には本当に申し訳ない」と謝罪した。

 周回コースの沿道でレースを見ていた今村文男・日本陸連強化委員は
「(選手の体に付ける)電子チップで通過距離をチェックできるのに、
何が原因でこんなミスが起きたのか分からない。あそこまで歩いて結果がないのは、
ここまでやってきた我々も悔しいし、本人が一番悔しいだろう」と話した。
http://www.asahi.com/sports/update/0901/OSK200709010021.html

 前回8位に続く日本選手初の連続入賞を視界にとらえ、北京五輪切符も目前にしていた。
予想もしないトラブルに巻き込まれコース離脱による失格という結果に、
担架で運ばれる表情には無念さがにじんだ。

 ゴールした時、山崎はカメラマンに向かって
「ぼくはゴールしたんですか」とひと言いって倒れたという。
http://www.sanspo.com/sokuho/070901/sokuho013.html



posted by ココナツ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

係員の誘導ミスで失格した競歩山崎選手の無念
Excerpt: 世界陸上大阪大会の男子50キロ競歩でとんでもないことが起こった。 日本人トップだった山崎選手が係員の誘導ミスで棄権扱いになってしまった。 もう1周残っているのに、係員3人が競技場に誘導して..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2007-09-01 16:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。