2007年10月10日

PRIDE東京事務所閉鎖は元役員の協力不足が原因 米国側が声明文発表

ドリームステージエンターテインメント(DSE)よりPRIDE事業を引き継いでいたPRIDE FC 
ワールドワイドは10日、4日に発表した東京事務所の閉鎖およびスタッフの全員解雇について改めて、
以下の声明文を発表した。
■PRIDE FC ワールドワイドの東京事務所および社員について

PRIDE FC ワールドワイド(以下、弊社)は、表題の件に関し、いくつかのメディアによる誤報が
見受けられる為、以下の声明を発表いたします。

弊社は、先週、弊社東京事務所の不動産物件の賃貸借契約を更新しない旨の経営的決断を
やむを得ず下すことに至りました。かかる決定は軽々しく下されたものではありませんが、
株式会社ドリームステージ・エンターテインメントの元役員の協力不足が原因で、弊社が現在、
日本においてPRIDEのイベントを開催することが不可能となったため、必要に迫られたものです。

日本の法令の下、弊社は顧問弁護士より、しかるべき事務所スペースなくしてPRIDE社員を弊社が
雇い続けることは困難であると助言を受けました。結果として、PRIDE社員は職を解かれましたが、
一部の報道で報じられている内容とは反し、弊社は社員大半に対し十分な退職金を支払いました。

弊社は今後も日本、アメリカそして世界中においてPRIDEという名を広めていく機会を追求してまいります。
そして今後も、これまでの歴史に残るPRIDE大会や未放送のコンテンツを、地上波テレビ放送、
DVDそしてオンラインによって配信し、またPRIDE商品も引き続き提供してまいります。

日本そして海外の総合格闘技の有力選手に関しては、総合格闘技グローバルブランドとしては世界一
でもあるUFC(Ultimate Fighting Championship)とすぐにでも交渉の機会を持つことができます。



posted by ココナツ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。