2007年10月18日

米メディアが松坂大輔を痛烈批判! 「1億ドルの投資は失敗に終わった」

1億ドル投資は失敗...米で松坂痛烈批判! 

米大リーグ・ア・リーグ優勝決定戦、15日の第3戦に先発し、
負け投手になったレッドソックス・松坂。
プレーオフで2試合続けて先発投手の責任回数を投げきれなかったことを、
米メディアは痛烈に批判した。
AP通信は試合後のクラブハウスで、ぼう然としていた様子を詳細に描写。
「(6年契約の年俸と入札額合計の)1億ドルの投資は失敗に終わった」

地元のボストン・グローブ紙は8月15日以降、10度の登板で2勝5敗、
防御率7・07の成績を表で紹介。
「1億ドルの男は、ストライクを投げ、試合に勝ち、
プレーオフの主役に値することを証明しなければならない」とした。

全国紙のUSAトゥデー紙もシーズン終盤の不振を指摘。
「大リーグは試合数も多すぎ、松坂は既に疲れてしまった」

本人はマイペース。
練習後に、シリングから指導を受け、笑顔も見えた。
汚名返上のチャンスは、第6戦以降にもつれれば、訪れるはずだ。

http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20071017i505.htm



posted by ココナツ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。