2007年12月05日

ダルビッシュ 「1分、1秒でも早く奥さんに会いたい」

ダルビッシュ「早く奥さんに会いたい」

星野ジャパンのエースの日本ハム・ダルビッシュは3日の台湾戦で
7回2失点に抑えたが「血染めの熱投」だった。
試合後は「何もない」と話していたが、右手親指から血を流しながら投げ続け、星野監督も驚く根性を見せた。

激闘から一夜明けたこの日、星野監督が衝撃の舞台裏を明かした。
「(試合中に)大丈夫かって聞いたよ」。早期降板ならゲームプランが崩れるところだった。

本人はこの日、「重圧がかかるということもなかった。いい経験ができて良かった。
今一番したいこと? 1分、1秒でも早く奥さんに会いたい」と血染めの話などどこ吹く風だった。

http://beijing2008.nikkansports.com/baseball/asia/p-bb-tp0-20071205-291561.html



posted by ココナツ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。