2007年12月05日

ゴジラ寂しい帰国、ヤンキース・松井を待っていたファンは、巨人時代から「モスラ」の異名で有名な熱狂的女性ファンだけだった

http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_12/s2007120108_all.html
ゴジラ寂しい帰国…ユニホーム着たファンは「ゼロ」

不本意なシーズンを送り、寂しい帰国となった松井
http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_12/image/s2007120108matui.jpg

 メジャー5年目を終え、帰国したヤンキース・松井を待っていたファンは、なんと「モスラ」だけだった…。
 今年は7月に本塁打13本を放ち、初の月間MVPを受賞も、開幕直後に戦線離脱し、
オフには右ヒザを手術。チームもディビジョンシリーズで敗退し、「(一歩どころか)あと
三歩ぐらいでした。一言で言って、あまりいい1年ではなかったと思います」と振り返った。
 空港にいた多くの人がやじ馬となり、松井を携帯電話のカメラなどで撮影していたが、
ユニホームを着たファンはゼロ。実際にお出迎えしたのは、巨人時代から「モスラ」の異名で有名な、
熱狂的女性ファンだけという寂しさだ。
「モスラ」は空港内で行われた立ち話での会見で、なぜかテレビカメラの横に新聞記者を
押しのけて堂々と陣取り、絶好のポジションをキープ。普通なら「一般の人はご遠慮ください」と
なるはずなのに、あまりの存在感からか、誰も声は掛けられず。会見後は後方で、松井の声が
聞こえなかった記者から「何て言ってました?」と逆取材されたほどだ。
 当然、ファンが殺到して混乱するなどということもなく、「モスラ」は、VIP出入り口から出ていった
松井に、しっかりファンレターを渡すことに成功した。

 テレビカメラも再来日した横綱朝青龍と比べると、はるかに少なめ。世間の注目度も、
今までほど高くはなくなっている。
 ツインズへのトレードが報じられるなど、松井の来年の立場は微妙。チームもポジションも、
どうなるかわからないまま、不透明なオフを過ごすことになる。
 「しっかり体調を整えて、新たな気持ちで頑張りたいと思います。今のところそれしかないです」と
松井は前向きに語ったが、来季はまさに、正念場となる。



posted by ココナツ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 男性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。