2007年12月05日

石原真理子の呪い? 告白本出版から1年、じわじわと… 玉置浩二離婚、さんま視聴率不振…

http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_12/g2007120409_all.html
石原真理子の“呪い”におびえる?!玉置浩二と明石家さんま(左下)
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_12/image/g2007120409ishihara.jpg
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_12/image/g2007120409tamaki.jpg

 歌手の玉置浩二(49)と、キーボード奏者の安藤さと子さん(48)の離婚をめぐって、
怪情報が駆けめぐっている。かつての玉置の恋人、石原真理子(43)の“呪い”ではないかというのだ。
 玉置は今月1日、自身のホームページで“円満離婚”をこう報告した。
(省略)
 これで離婚は3度目。バツ3となったわけだが、ボディーブローのように1年がかりで玉置を苦しめ、
夫婦に溝ができたきっかけとされるのが、昨年の12月6日に出版された石原の自伝『ふぞろいな秘密』だ。
 本の中には石原と交際した12の男性のひとりとして玉置が登場。恋人時代に暴力をふるわれ、
大けがを負わされたことをつづり波紋を広げた。50万部を売り上げ「この間、玉置のアーティストとしての
イメージを深く傷つけた」(レコード会社関係者)。

 芸能リポーターの梨元勝氏が語る。
 「本の影響もさることながら、映画化された際には、玉置の名前こそ出していないが、DVの部分のみが
強調されてダブルパンチになった。予想外だった」
 そのときどきの恋愛や別れが色濃く反映されるのが玉置の音楽スタイルともいわれる。
 芸能評論家の肥留間正明氏は、「ナイーブな玉置にとって精神的ダメージは大きい。出版されたとき、
玉置がひと言も弁解しなかったが、しなかったというより、できなかった。石原の“呪い”だよ」と指摘する。
 石原の呪いは明石家さんま(52)にも及んでいると囁く業界人も。
 さんまと長澤まさみ(20)の豪華競演が話題の恋愛ドラマ「ハタチの恋人」(TBS系、日曜午後9時)が2日の放送で、
ついに平均視聴率6.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)まで転落したからだ。
 「このコンビで数字が獲れないのはおかしい。さんまは昨年、石原に過去を暴かれたときに、『まいっているというより、
むなしい』と番組で意気消沈していたが、あれがケチのつきはじめだったような気がする」(民放スタッフ)
 お祓いしたい心境か。



posted by ココナツ at 12:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 女性タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファンになっちゃいました。価格比較に関するサイトを運営していますので、よかったらいらしてください。
Posted by のぞみ at 2009年02月27日 11:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。