2008年01月06日

話題づくり? ナイナイ矢部浩之(36)、ひとみちゃんとの破局は偽装だった!?

ナイナイ矢部浩之 ひとみちゃんとの破局は偽装だった!!

昨年6月に緊急記者会見を開き、約15年付き合ってきた4歳年下の恋人“ひとみちゃん”との
破局を明らかにしたナインティナインの矢部浩之(36)。
この会見は、自身の持ち番組の「めちゃ×3イケてる」(フジテレビ)の収録もかねていたため、
出演者一同も同席し、悲しむどころかイロモノ的な発表となった。破局の原因としては、矢部いわく「プロポーズするのが遅すぎた」で、相方の岡村隆史(37)にも
たびたび結婚しないことを突っ込まれていたほどで、長過ぎる春に終止符を打ったことで話題を呼んだ。

…がしかし、この破局に疑問を抱く関係者も少なくはない。
本紙コラムでもおなじみ、芸能レポーターの梨元勝氏が「偽装ではないか?」という目で見ているという。

「あれは、今でも番宣(番組宣伝)だったのではないか、と思うんです。
実際、2人はまだ会っているという情報もチラホラ聞こえています」(梨元氏)
たしかに、矢部は破局後、15年ぶりにフリーになったことをたびたびネタにしており、
何かにつけて「今年はひとりの…」ということをアピールしている。
しかし、こんなネタはとっくに飽きられてきているのが現状で、最近ではイタさすらも感じられなくもない。

「やはり狙いは、話題づくり。若手お笑いブームで、ナイナイ人気も若干かげりが出ています。
そんな中で、視聴者が彼らに対して唯一関心があることといえば矢部の結婚。
10年以上前から、いつゴールインするのかが注目されており、結婚するより、破局したことにすれば、
矢部に同情票が集まる。この破局は2人で画策したものだといわれています。
現在も“友だち”という形で会っているので関係は続いています。ひょっとすると、
ほとぼりが冷めた頃にまた復縁…なんてこともあるのかもしれませんね」(週刊誌記者)

昨年は“偽装”が舞い踊った1年であったが、これが明らかになれば、
矢部はやっぱり謝罪会見を開くのだろうか。

http://www.naispo.net/mobile/entertainment/20080103/02.php




posted by ココナツ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。