2008年01月27日

清水夫人の明美さん 32歳で死去

ロッテ・清水直行投手(32)の夫人、明美さんが17日午前6時50分、横浜市内の病院で心不全のため死去した。32歳の若さだった。通夜は18日、葬儀・告別式は19日に近親者と一部関係者で済ませた。喪主は夫直行(なおゆき)氏。

関係者によると明美さんは約5年前から体調を崩して入退院を繰り返し、昨年末から入院していたという。清水と明美さんは兵庫・西宮市の高須中時代の同級生。清水が逆指名でロッテに入団した99年の12月に結婚し、00年に長男、01年には長女が誕生。清水は明美さんの支えもあって02年から5年連続2ケタ勝利を挙げるなどロッテのエースへと成長し、昨年から選手会長も務めている。今季は6勝に終わった昨季からの巻き返しを期し10日に本格始動。「日本人で一番長く野球をやりたい。そのスタートになる年」と話していた矢先の悲報だった。

 現在の清水の様子について球団関係者は「ショックが大きく、当分は公の場には出てこない」と説明。2月1日からのキャンプ参加には前向きな姿勢を見せているそうで、悲しみを乗り越えて9年目のシーズンに臨む。



posted by ココナツ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。