2008年01月27日

王理恵さんとの結婚延期問題に揺れる本田毅昌医師が日テレ「栞と紙魚子の怪奇事件簿」に精神科医役でドラマデビュー

野菜ソムリエの王理恵さん(37)との結婚延期問題に揺れる本田毅昌医師(37)が、
日テレ系深夜ドラマ「栞(しおり)と紙魚子(しみこ)の怪奇事件簿」(土曜・深夜0時50分)で
ドラマデビューすることが22日、分かった。2月2日放送の「長い廊下伝説」に
「精神科医・本田」役で出演。恋に落ちた中年男にアドバイスを送るという、ちょっと
意味深なキャラクターに挑む。
朝青龍の主治医として突如、脚光を浴び、その後、王貞治監督(67)の二女・理恵さん
との結婚でまた世間を驚かせた本田医師が、今度は俳優デビューする。
「CMを作ったりテレビ番組に出たことはあるけど、演技は初めて」という本田医師だが、
「医師免許一枚でどこまでできるか、がボクのテーマ。いろんなことに挑戦したい」
と俳優業に果敢に挑んだ。
といっても、演じるのは「精神科医・本田」と実生活そのもの。カラオケの受付の
バイト嬢に一目ぼれしてしまった中年男に、恋のアドバイスを送るという役どころだ。
「あなたは今、恋をしてますね」「いやあ恋ってすてきだ」と意味深なセリフも出てくるが、
大きなNGもなく無事、撮影を乗り切った。

「精神科ですから、常日ごろから恋の相談や悩みに乗ることも多い。僕自身も受付の人に
恋したこともあります」と笑った本田医師。「紙魚子」役を演じたAKB48の前田敦子(16)に
ついても「明るくていい子。雰囲気は良かったかな〜。そういう雰囲気も見てください」
と舌も滑らかだったが、自身の「恋の悩み」はどうにもならないようだ。
「相談したい話? そりゃもちろんあります。ただ、(相談するのは)答えを求めるん
じゃなくて、自分の心の整理。最終的には自分が決めることですから」
理恵さんと連絡は取っており「時間が解決してくれますよ」と話した本田医師。
恋してますか?の問いには「恋してます」と言い残し、初の撮影現場を後にした。

ソースはhttp://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080123-OHT1T00037.htm
日本テレビ「栞と紙魚子の怪奇事件簿」 http://www.ntv.co.jp/shiori/




posted by ココナツ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。