2008年01月30日

TBS“大毅追突”を「巻き込まれる」という偽装報道について 『事実を曲げることは絶対ない。邪推だ!!』と反論

ボクシング亀田三兄弟の二男、亀田大毅(19)の追突事故で、TBSが「追突事故に巻き込まれていた」
と大毅が被害者のようにも受け取れる表現で報じていた。三兄弟の試合をほぼ独占的に放映し、
亀田家と関係が深いことで知られる同局だけに憶測を呼ぶが、交通事故に詳しい専門家も
「追突した側に100%責任がある事故で、巻き込まれたという表現はおかしい」と疑問を投げかけている。
TBSは同社のニュースサイトで29日、「亀田大毅選手、急停車の車に追突」と題した記事をアップ。
「亀田大毅選手が、東京・葛飾区で車を運転中に、追突事故に巻き込まれていたことが分かりました」
「葛飾区亀有の信号のない交差点で、車を運転中に事故に巻き込まれました」と報じた。

これに対し、TBSの広報担当者は「事実に基づいて取材しています」と主張。また、同社の関係者は
「会社の主張がこうだから自分の報道を曲げる、ということは絶対にない。それは報道にたずさわる者が
決してやってはいけないこと。現場の記者が自らの取材に基づいて書いたニュースであり、亀田寄りと
いうのは邪推だ」との見解を示した。
http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_01/g2008013003_all.html



posted by ココナツ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

うわさどおりエっチしてきた(笑)
Excerpt: ここの常連さんが教えてくれたトコいってみたら、本当に一晩中やり続けて41マモ烽烽轤スよ!(笑)
Weblog: 今日は匿名で^^;
Tracked: 2008-01-31 01:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。