2008年01月30日

SMAP vs 亀梨・生田 ジャニーズ“視聴率戦争”は明暗くっきり!(サイゾー)

http://www.cyzo.com/2008/01/post_282.html
今年も好調なスタートを切ったSMAPの面々 08年1月期のドラマがスタートし、
香取慎吾主演、野島伸司脚本の月9ドラマ『薔薇のない花屋』(フジ)が初回視聴率22.4%、
稲垣吾郎主演のドラマ『佐々木夫妻の仁義なき戦い』(TBS)が初回視聴率17.3%と、
SMAPのメンバー主演ドラマが好ダッシュを切った。そんな中、予想外の低視聴率で一気に
「負け組」へと転落したのが、生田斗真出演の『ハチミツとクローバー』(フジ・初回12.9%)、
亀梨和也主演のドラマ『1ポンドの福音』(日テレ・初回13.0%)だ。

前評判は良かったものの、フタを開けたら期待はずれ……だったのが、人気マンガを原作にした『ハチミツとクローバー』。
「原作を知るファンからは『キャスティングがイマイチ』『世界観やストーリーが違いすぎる』
『ギャグが寒すぎる』など辛口のコメントが相次ぎ、第2話は10.0%、第3話9.8%と転落。昨年のドラマ
『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』のヒットでプチブレイク中の生田にとっては
手痛い洗礼となったのでは?ただ、ファンの間では『(映画で竹本役を演じた)櫻井よりもハマり役』
『斗真の純朴さが出ててイイ』と評判は上々のようで、それは救いですよね」(事情通)   

 一方、ファンからも見放されてしまったのが亀梨だ。
「『サプリ』『たったひとつの恋』と、主演ドラマが続けて大コケに終わってしまっただけに、
今回のドラマには本人もかなり力を入れていたようですね。『最低でも15%は越える』『映画化もあるかも』
なんて親しい知人に豪語していたらしいのですが、この結果ですから……哀れなものです。
ストーリ−自体は原作にきちんと基づいているし、ドラマの出来も悪くない。結局は亀梨のファン離れが
明確になった結果でしょう。Hey!Say!JUMPの山田涼介をライバル役として共演させていますが、
こちらも期待していたほどの効果はなかったようです」(事情通)
 “数字が取れない男”のイメージも、もはや定着しつつある亀梨。今回の結果は、役者としての彼の今後に大きなダメージを与えそうだ。
 たかが視聴率、されど視聴率。話題の若手Jアイドルたちも、SMAPメンバーにはまだまだ遠く及ばない
ということか。敏腕マネージャー・I女史の高笑いの声が聞こえてきそうだ



posted by ココナツ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

うわさどおりエっチしてきた(笑)
Excerpt: ここの常連さんが教えてくれたトコいってみたら、本当に一晩中やり続けて41マモ烽烽轤スよ!(笑)
Weblog: 今日は匿名で^^;
Tracked: 2008-01-31 01:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。