2008年02月06日

絶好調の浅田真央がゲイたちから“袋叩き”の怪、「ブタ真央」呼ばわり、安藤美姫は「毒姫」と呼ばれ悪女的人気(サイゾー)

http://www.cyzo.com/2008/02/post_244.html
絶好調の浅田真央がゲイたちから“袋叩き”の怪

ゲイに嫌われても、一般人気は高い浅田真央
http://www.cyzo.com/images/20080204_asadamao.jpg

 ゲイの間で、フィギュアスケートが人気だという。
「オネエは、何よりも「キレイなもの」がスキ。だから、その「美」を競い合うフィギュアにも、
人気が集まるってワケ」(新宿2丁目のゲイバー店員)
そんなゲイたちの中で、浅田真央選手が「ブタ真央」呼ばわりされ、非常に嫌われて
いるという。その一方で、“ミキティ”こと安藤美姫は、「毒姫」「ドロンジョ様」などと呼ばれ、
悪女的人気を集めているとも。
 浅田といえば、昨年12月に開催されたグランプリ(GP)ファイナルでは世界2位、同12月の
全日本フィギュアスケート選手権では優勝、今年の世界選手権代表の座を獲得と、
今シーズンもなかなかの安定感を見せる。では、この真央と美姫。ゲイの目から見た
2人の違いは、どこにあるのか?
 ゲイのメンタリティに詳しい辛酸なめ子氏に分析してもらったところ「爽やかで無垢な、
それでいてすごい才能があるという、スポ根系天才少女の浅田に対して、そのライバルであり、
わがままそうな意地悪キャラに当たるのが、安藤。安藤は衣装も黒っぽいですし、
ゲイの人からすれば、感情移入しやすいんだと思います」とのこと。

 女性らしさを求めて努力する“彼女”たちゲイにとってみれば、努力もせずに天真爛漫で
カワイイ(ように見える)浅田は、まぶしすぎるということか。言われてみれば、ゲイの間で
人気が高いのは、浜崎あゆみや松田聖子、中森明菜など、どこか苦労が垣間見える
「成り上がり」系の女性が多い。

「彼女たちは、自分をキレイに見せる、女性としてのプロデュースがうまい人たち。美しさを
努力して見せてくれる、『女としてのプロ』を、ゲイの人たちは尊敬しますから」(なめ子氏)

 安藤美姫がどんなに会心の演技をしても、それを軽やかに超えていく浅田真央。しかし、
「ゲイに嫌われる人は成功する」ともいわれる。であれば、真央ちゃんの今後も安泰か!?

(太田サトル/「サイゾー」2月号より)



posted by ココナツ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。