2008年02月22日

ジョン・レノンに突撃取材した10代少年の逸話がアカデミー賞候補に

ジョン・レノンに突撃取材した10代少年の逸話がアカデミー賞候補に
http://eiga.com/buzz/show/10650

ハリケーン被害に遭ったニューオーリンズのミュージシャンを
救済するオークションに出品されたジョン・レノンのサングラス
http://eiga.com/images/buzz/20080220/reuters_johnlennon.jpg?1203480370
[トロント 15日 ハリウッド・レポーター] 1969年、カメラマンを装った14歳のビートルズファンの少年が、
トロントのホテルに滞在していたジョン・レノンとオノ・ヨーコの部屋を訪ねてインタビューを行った。
その夢のような出来事をアニメ化したカナダの映画「I Met the Walrus」が、
今年のアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされている。

まるでキャメロン・クロウの「あの頃ペニー・レインと」のような話だが、違うのは、「I Met the Walrus」には
実際のインタビューの音声が使用されているということだ。現在はトロントで弁護士をしている
かつての少年、ジェリー・レビタンは、36年間そのカセットテープを自分の手元に置いたままにしていた。
だが2005年、トロント在住のアニメーション作家ジョシュ・ラスキンと出会ったことが、
今回の作品の誕生につながったという。

レビタンは当時をこう回想する。レノンはカメラマンだと偽って部屋に来た彼を笑顔で迎えたうえに、
「テープレコーダーを持って戻ってきてもいいですか? 平和に関する話を友だちにも
聞いてもらいたいから」という依頼を快諾したのだという。結局、レビタンはその日、レノンの取材に
詰めかけた多くのメディア――その中にはアメリカの主要ネットワークの記者もいた――を
待たせたまま、40分ものインタビューに成功する。

レノンとの邂逅は、自分のその後の人生を大きく変えるものだったとレビタンは語る。
「もしお前なんかに用はない、さっさと帰れと言われていたら、立ち直れないぐらいに傷ついただろうしね。
だけどあの時のレノンにとってはCBSやABCの番組に出演することよりも、1人の無名の少年と
話すことのほうが重要だった。それが何よりもすごいことだと思うよ」

※この記事はロイター通信社との契約に基づき、株式会社エイガ・ドット・コムが日本語翻訳を行っています。
(ロイター×eiga.com速報)



posted by ココナツ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。