2008年02月22日

8割が「KY」を意識 全国大学生協連の学生生活実態調査

対人関係で「空気を読む」ことを意識する大学生が、全体の約83%に達しているこ
とが19日、全国大学生協連(東京)の学生生活実態調査で分かった。
 若者らの間で最近、急速に広まった流行語「KY(空気が読めない)」の浸透を裏付
けた形で、同生協連は「積極的に空気を読もうとする学生は、家などでも携帯電話やパ
ソコンで盛んにコミュニケーションを取るなど、空気を読むことは“必須のスキル”に
なっているのではないか」と分析している。
調査は昨年10月、生協のある大学36校で実施。学生約9700人が回答した。
 周囲との関係づくりについて「周りの空気を読むことを気にする」とした学生が「気
にする」「やや気にする」を合わせ、男子で81%、女子で85%を占めた。

■ソース(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080219/sty0802191124002-n1.htm



posted by ココナツ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。