2008年02月22日

橋下大阪府知事 早くも府民から“大ブーイング”と日刊ゲンダイ

「やっぱり口だけやったんかい」「アカン、一杯食わされたわ……」
 大阪府知事に就任して10日のタレント弁護士・橋下徹氏(38)に、早くも大阪府民の
間で失望の声が広がっている。
 08年度の一般会計暫定予算案が14日、明らかになったが、橋下知事が「人件費を削っ
てでもやる」と言っていた出産・子育て支援は先送り。「原則認めない」と断言してい
た府債発行も180億円を計上するなど、発言の修正や撤回が相次いでいるからだ。
 実際、就任して間もないのに、橋下知事の“二枚舌”ぶりは目に余る。「1クラス40
人から35人にするだけで30億円予算が増えている」「効果には疑問がある」と現状の少
人数学級の見直しの検討をほのめかしていたが、13日に公立学校を視察すると、「自分
の教育論は『机上の空論』だった」とあっさり撤回。
1月の公開討論会では「情報公開の徹底」を口にしたのに、府側との予算折衝などで
公開したのは冒頭部分だけだった。そのくせ、「初めから公開したら改革は進まない」
と開き直っている。
 府民が「ダマされた」と怒るのも当然だが、そもそも、最初からこのタレント知事に
期待するのが間違いだったのだ。
「橋下氏の“前言撤回”は今に始まったことではありません。なにしろ、知事選出馬に
ついて『2万%あり得ない』と否定しながら、その後、『ウソといえばウソだった』と
突然の出馬表明。選挙公約を発表したときは、『基本的に公約は変えない』と断言し、
『高齢者らの予算が減るかもしれないが、仕方ない』と発言していたが、公明党や自民
府連から修正を求められると、コロッと高齢者福祉策を盛り込んだ。山口県光市の母子
殺害裁判では、元少年の弁護団への懲戒処分請求をテレビで呼びかけて大騒ぎになった
が、ナント、自分は懲戒請求していなかった。橋下氏は『時間と労力を省いた』なんて
言い訳していました」(府政関係者)
 大阪府民はこれからが大変だ。



posted by ココナツ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。