2008年02月27日

たむらけんじの焼肉店で食い逃げ 昨年は空き巣に遭うなどトラブル続きで「うちは犯罪のデパートか」

◆ 「うちは犯罪のデパートか」 ◆

ピン芸人・たむらけんじ(34)がオーナーを務める「炭火焼肉たむら」が食い逃げ被害に遭っていたことが
26日、分かった。昨年11月にオープンした南船場店(大阪市中央区)で被害額は
ビール、ハラミなど計17品目で1万1360円だった。
事件があったのは23日の午後10時半ごろで、土曜日とあって店内は満席。そこに小太りでメガネをかけ、
白いシャツを着た男性と中肉中背の男性2人組が来店した。この2人、滞在していたのは1時間くらいで、
メニューを床に置いたり薬味入れをひっくり返したりと、やりたい放題だったという。

あまりの暴挙を見かねた店員が薬味を片付けようと掃除用具を取りに行った1〜2分の間に、
2人は姿を消していたという。テーブルにはイタズラで、まだ炭が燃えている七輪の網の上に
陶製の器に入った「カルビクッパ」がそのまま置いてあった。

25日に大阪府警に被害届を提出したたむけんは「あんだけ人目につくところで、
しかも21世紀に食い逃げって…怪盗ルパンの末えいか」とあんぐり。1月にはロケ中に泥酔した男性に
突然蹴られたり、昨年8月には焼肉店の事務所が空き巣に遭うなどトラブル続き。
「うちは犯罪のデパートですか…」と頭を抱えていた。

ソース:スポニチannex
http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200802/27/ente207951.html



posted by ココナツ at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。