2008年03月10日

Qちゃんどうしたんだ…調整に失敗したのかな 小出義雄氏が高橋尚子の敗因を分析

Qちゃんどうしたんだ… 調整に失敗したのかな 小出義雄氏が敗因を分析

初マラソンの21歳、中村友梨香(天満屋)が2時間25分51秒で初優勝した。
2位にも初マラソンの尾崎好美(26)=第一生命=が2時間26分19秒で
入った。シドニー五輪金メダルの高橋尚子(35)=ファイテン、中日新聞社客員=
は9キロ手前で脱落し、2時間44分18秒で27位。女子マラソンの名将・
小出義雄氏(68)は教え子の高橋について「分かんないけど、血糖値が
がくっと落ちたのかな。ペースが遅過ぎたのかもしれない」と分析した。

どうしちゃったんだろうね、高橋は。残り2週間のコンディショニングに
失敗したとしか考えられない。マラソンは簡単なようで難しいし、難しい
ようで簡単、そういうスポーツなんだ。2月の半ばの40キロ走を見たけど、
そりゃ見事な走りっぷりだった。体も絞れてる。足もできてる。ふつうに
走れば、何てことなく優勝するって思ってたよ。

あのペースダウンの仕方は、血糖値が急に下がったか、貧血か。そんな感じ
じゃないのかな。右ひざの手術は知らなかった。影響ねえ、どうなんだろうね。
ただ昆明ではいい走りをしてた。それは間違いない。すごく難しいんだよ、
2週間前からの調整ってのは。応用問題なんだ。その日、その日で、体調は
どんどん変わる。それを見極めて、ピークをレース当日にもっていかなくちゃ
いけない。

ただ、まだ35歳だろ。走れるよ。走れます。Qちゃんなら2時間21分台で
走れます。ただ、そのためには練習に100%集中できる環境をつくらないと。
チームのリーダーとして引っ張りながら、選手としてもがんばるってのは、
やっぱり難しい。それがわかったんじゃないかな。

続きは>>2-10あたりに
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2008031002094063.html
レース後に佐倉アスリート倶楽部の小出代表(右)と握手する高橋尚子
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/images/PK2008031002194250_size0.jpg



posted by ココナツ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性スポーツ選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。