2008年03月11日

「ビバリーヒルズ高校白書」アンドレア役のガブリエル・カーテリス、映画撮影中の事故で体の一部が麻痺していることを告白

「ビバリーヒルズ高校/青春白書」の元スター ガブリエル・カーテリスが、映画撮影中の
事故で麻痺してしまった体と、現在の生活をテレビで公開した。
 47歳の女優は、2006年の映画「Past Tense(原題)」の撮影時に、食べ物を喉に詰まらせる
シーンで事故に遭い、そのまま体と顔の一部が麻痺してしまった。
この状態を隠してきたカーテリスだったが、最近になりPeople誌で初めて麻痺のことを
明かし、顔が動かせないという恐怖に縛られ、街に出ることができないことを告白。しかし
この後テレビ番組で、自宅での生活をおさめたホームビデオを公開し、けいれんで苦しみ、
なんとか話そうと努力する姿を映した。
 現在は薬を服用しながら生活しているというカーテリス。一時は命を失う危険もあったそうで、
カーテリス自身も「もうダメかと思った」と話した。

ソース:TSUTAYA online
http://lx03.www.tsutaya.co.jp/tol/news/index.pl?c=entertain&c2=kaigai_drama&artid=1405



posted by ココナツ at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。