2008年03月19日

『印象深い劇場アニメ』 1位「となりのトトロ」2位「レミーのおいしいレストラン」3位「ナウシカ」4位「ラピュタ」5位「ルパン」

「マイベストムービー 2008」ランキング
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20080318/53000_200803180019685001205846370b.gif

CDV-JAPAN(日本コンパクトディスク・ビデオレンタル商業組合)では、『心に残る
マイベストムービー』について、映画ファン投票を実施。

集まった65,000もの投票から「劇場アニメ」部門で、堂々の1位に輝いたのは
【となりのトトロ】。
また、3位に【風の谷のナウシカ】、4位に【天空の城ラピュタ】など、スタジオジブリ
作品がTOP10内に続々とランクインした。
ジブリ映画の圧倒的な人気ぶりが伺える結果となった。
子供はもちろん大人までをも魅了するスタジオジブリ作品。様々なテーマで描か
れる映画の数々は、どれも強いメッセージ性を感じるものばかり。
ワクワク感や切なさ、時には考えさせられることもあるが、最後に「なんだか良かっ
た」と思わせてしまうのはジブリ作品ならでは。
それは、長年に渡り多くの人から愛される理由の1つともいえそうだ。

2位は、【レミーのおいしいレストラン】。『トイストーリー』、『ファインディング・ニモ』
などの名作を生み出してきた、3DCGを得意とするスタジオ“ピクサー”が描く世界
は圧巻。
アニメとは思えないおいしそうな料理の数々に、空腹を覚えた人も多いのでは? 
純粋に親子そろって楽しめるという点でも魅力的な作品といえそう。

5位には【ルパン三世 カリオストロの城】がランクイン。
“トトロ”や“ナウシカ”などと同様に、宮崎駿が脚本を務めた作品だ。

続いて「TVアニメ」部門をクローズアップすると、特に男性ファンが多いと思われる
【DRAGON BALL】が1位を獲得。
その人気は日本で留まっておらず、海外で放送されたり、09年春にはハリウッド
映画として実写化されたりするなど、国境を越え高評価を得ている。

2位には【クレヨンしんちゃん】が登場。ちょっぴりおバカな内容が魅力で、大人が
観てもクスっと笑ってしまうようなユニークな作品だ。
92年のアニメ放送開始から、これだけの人気を集めるのはやはり“しんちゃん”
のどこか憎めない、その親しみやすいキャラクターによるものだろう。

ソース:http://life.oricon.co.jp/53000/full/



posted by ココナツ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。