2008年03月30日

松井秀喜の結婚は世界的ニュース! チームメイトや恩師・トーリ監督らも祝福

ゴジラの周辺は大騒ぎだ。
球場名が「レジェンズ・フィールド」から「ジョージ・M・スタインブレナー・フィールド」に
改称されるとあって、オーナーのジョージ・スタインブレナー氏(77)も来た球場はお祭り状態。
結婚を知ったロッカールームはお祝いムードに包まれた。

「エープリルフールの冗談だろ?」とは大の親友で主将のジーター。
お疲れゴジラに代わって、一回に“祝砲”を放った。
実はボビー・アブレイユ外野手(33)を含めた1974年生まれの独身3人組でだれが一番早く結婚するか、
賭けをしていた。勝利者賞は「何でもいうことを聞く権利」。しかし、ゴジラの勝ちが決まったわけではない。
今年中に結婚すれば「引き分け」のルールになっているという。

グラウンド外でも、ひっきりなしに掛かってくる日本からのお祝い電話は20本を超え、
パソコンに届くお祝いメールも100件を超えた。まさに祝福の嵐だった。
★「末永く幸せに」恩師トーリ監督
今季からドジャースの指揮官となったジョー・トーリ監督(67)は
ヤンキース時代のまな弟子、松井秀の結婚に笑みを浮かべながら、
「とてもうれしい。あいつは人間として素晴らしい。奥さんを愛し、末永く幸せに」と喜んだ。
松井秀と同い年で、2人の娘を持つドジャースの黒田博樹投手(33)は
「落ち着くのはいいことだと思う。おめでとうございます」と祝福した。

★ゴジラの結婚は世界的ニュース
米メディアも松井秀の結婚を大きく報じた。
27日付の『ニューズ・デー』紙(電子版)と『デイリー・ニューズ』紙(電子版)は
スポーツ面のトップで松井秀が新妻の似顔絵を持っている写真を掲載し、結婚会見の様子を伝えた。

28日付の『USA TODAY』紙(電子版)は
「松井が教会でジーターらを打ちのめす」の見出しで、賭けでリードしたことなどを紹介。
この日の試合後も、ジョー・ジラルディ監督(43)に「ハネムーン(キャンプ地−ニューヨークの往復)の影響はなかったか?」と質問。
同監督は「なかった」と笑顔で答えた。

全文はコチラ
http://www.sanspo.com/mlb/top/mt200803/mt2008032912.html



posted by ココナツ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。